2007年12月31日

2008年は素晴らしい年に

もう少しブログを書きたかったのですが、そろそろおせち料理を作らねば新年を迎えられそうにありませんので、今年はこの辺でブログはおしまいに致します。今から2,30年前には私はスーパーのテナントで雑貨店を数店しておりましたのでおせち料理はいつも割烹のものを買っていました。始めは2,3万円だったのが年年高くなってついに10年前くらいで5万円になりました。でも添加物を一切使わないお料理を30日の夜徹夜で作ってくださるのでこれも当然と思いました。
其のうち自然食品店プチ・メリットを始めましたので毎年お店で自然食のおせち料理を作るようになり、我が家用も予約の数に入れていました。やはり30日はお昼から取り掛かり徹夜の仕事でした。それもここのところ止めておりますので、最近ではおせち料理は30日の我が家の大きな仕事になりました。自然食でしますので味醂や、白砂糖は使いません。お酢は梅酢を使って、おだしもしいたけ昆布だし。甘味がどうしても必要なら玄米甘酒。岡山はお雑煮にぶりを入れますが、この頃はぶりもなし。ところが彩のきれいな数の子と海老だけは娘のリクエストで入ります。
黒豆も砂糖なしですが、素材が良いからか本当に美味しいです。栗きんとんも無農薬のサツマイモを使えば甘くて美味しいので砂糖なんかいりません。
サーこれからひと仕事。主婦に戻ります。
今年一年色々有難うございました。来年は膿みだしも終わり綺麗に清算されて新しい素晴らしい年になるそうです。
皆様から安心してお付き合いしていただける会社を目指して来年も頑張って行きたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

毎年年末には感謝感激致します。
何故って、「今年もお世話になりまして有難うございました。」と
大勢のお客様から私どもがお礼を言われるのですから。こんな嬉しいことはありません。本当に有難うございました。
  
  三基サービス(有)ぽかぽか温泉。ぽかぽかちむじるばん岩盤浴
  (有)ワールドハーモニー・テラ 自然食品店プチ・メリット
                    寺岡可江
posted by ちむじるばん at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腕振り、歯の噛み合わせ、体温アップで健康に

船井先生は、今熱海に住んでおられるので温泉に入って、体温を上げられるそうです。平熱が37度だそうで理想ですね。
私たちも37度まで平熱を持っていけると随分身体は楽になり免疫も上がってくることでしょう。
私が実験してみたところによりますと、(ちなみに私の平熱は36.5度位)大体岩盤浴に入って15分くらいから体温が上がってきて38度になると体温調節のために発汗が始まります。それからが何とも気持ちの良い時間で岩盤に入って30分から40分くらいゆっくり眠ってしまいます。38度位になると歪んだ細胞をやっつけるヒートショックプロテインと言うたんぱく質が活発に出来てきて免疫力がグーンと上がるそうです。
これが、体温を上げて身体を元気に出来る秘訣なのです。
ぽかぽかちむじるばん岩盤浴で先ずは体温アップをトライしてみてください。
以上、船井先生の健康の秘訣3か条でした。      寺岡可江
posted by ちむじるばん at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腕振り、歯の噛み合せ、体温アップで健康に

二つ目、歯の噛み合せ
船井先生も言われていました。歯の噛みあわせがおかしいと背骨がゆがんでくると。
確かに其の通りだと思います。私も昨年体験しました。
噛み合わせが悪い→顎関節症→背骨がゆがむ→肩こり、頭痛、腰痛、冷え性、うつ病、関節痛etc.etc・・・・
其の大きな原因が歯科の矯正にあったと言う事がアメリカではもう何十年も前に分かって顎関節の治療が始まっているのだそうです。日本ではこれかららしいのですが。。
私も口を開閉すると、額関節があたって、がくがく音がすることがありました。子供の頃から、頚椎が悪くていつも頭痛と吐き気に悩まされ九州辺りに低気圧が発生すると頭が割れそうでした。ムチ打ちの症状と同じらしいのですが親に聞いてもそんな経験はないといわれていました。確かに小学生の時に歯科矯正をしました。もしかしたら其の所為かもと思って早速顎関節の専門医の診察を受けました。背中の筋肉の流れを線で表現してくれるレントゲンのような写真を撮られました。確かに左右の筋肉の流れが全く違うのです。肩の高さも、背骨の様子も。
昨年、今年と2年がかりで顎関節の調整をしながら背中の様子も監察してきました。少し正常に戻ってきたようです。
人にとって背骨は大切なポイントです。背骨の両側に五臓六腑すべての内臓に繋がるツボがあります。この背骨がゆがんだり縮んだりすると生命活動が正常に行われなくなります。
それ故に噛み合せを正常にして背骨を正すことが重要になってくるのです。
3番目のポイント体温を上げること。 続く    寺岡可江
posted by ちむじるばん at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腕振り、歯の噛み合せ、体温アップで健康に

腕振り運動。

船井先生、関先生から教わった腕振り運動、私もやってます。朝、日の出前に旭川の土手まで散歩に行っていた頃は兎に角川原について日の出を待って、腕振りを300回していました。今は朝の散歩に行ってないので時間の取れる時に何時とはなしに、振ります。1分で大体50回なので300回なら6分。タイマーをセットして無心で振ります。大変気持ちが良いですよ。後ろに引く時に力いっぱい引くのがコツみたいです。関先生の話だと60歳以下の人は一日200回、60歳代は300回、70歳代400回、80歳代1000回、90歳以上2000回とか。掌を身体のほうに向けて振ること。掌が体側を通る時両方の掌から出ている気が身体に入ってきて健康になれると。又何百回と腕を振ることにより肩の凝りもほぐれてきます。私は整体師ですが、整体にこられた方には殆どお伝えしますが、なかなか続きません。これをきちっと続けられた人は整体に来る回数が急激に減ります。それだけ凝りが取れるのです。

次は 歯の噛み合せ   続く     寺岡可江 
posted by ちむじるばん at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腕振り運動で視力も聴力も良くなったと言われる船井先生

2001年に90何歳でなくなられたサイ科学学会の関英男先生も毎日何百回も腕振りをされていて、90歳過ぎても海外まで出かけ、講演会をしておられたと聞いたことがある。船井総合研究所会長の船井幸雄先生も腕振りを始められて早3年になるとか。先生は毎朝のテレビのニュースの15分間を腕振りの時間と決めておられるとのこと。日の出の頃太陽に向かって肩幅くらいに足を開き、無心で腕振りをするとか以前に関先生から伺ったような気がするのだが、さすが船井先生は何事にもこだわらない御方だけあって、テレビを見ながらとか。確かに続けることのほうが意味がありそうですね。船井先生は0.05だった視力が0.9まで改善し、耳もよく聞こえるようになられたそうです。
かくて先生の健康の秘訣は、
※腕振り毎朝15分
※歯の噛み合せをきちんとすること
※体温を上げておくこと
この3つだそうです。どれも興味があったことなので、ちょっとコメントさせて下さい。  続く    寺岡可江
posted by ちむじるばん at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

冷え対策はいかに?

冷え対策について。
@身体を冷やす食べ物飲み物を摂らない。夏野菜、果物全般特に熱帯の 果物は身体を冷やす。身体を温める根菜類を始め、昔ながらの製法で 作られた味噌、醤油、たくあん、無添加の梅干などがお勧め。
 清涼飲料水や砂糖いっぱいのジュースは駄目。三年番茶が一番。
 詳しくは自然食品店プチ・メリットへ。
A軽い運動で身体を中から温める。激しい運動は活性酸素を増やすので ストップ。ヨガや太極拳、氣功のようにゆっくりとした動きで中から 気を流す動きのもの。
B38度くらいのぬるめのお湯に腰から下をつけてゆっくり温まる。
C岩盤浴で体の芯から暖まる。

ぽかぽかちむじるばん岩盤浴は遠赤外線と、マイナスイオンとそして微弱電流や微量放射線など身体によく効くさまざまな工夫がしてあります。更に薬草効果も抜群です。是非冷えを解消するために一度ご体験ください。冷えに気づいている人も全く気づいてない人も、身体を芯から暖めて、1人残らず元気になっていただきたいのが私たちの願いです。
どうぞ良いお年をお迎えください。
posted by ちむじるばん at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心も身体も冷えが万病の元

西洋医学では冷えという概念がどうもないらしい。血行不良とか、低血圧とか、貧血とかとなるのかな?いずれも冷えてる人に出てくる症状、結果なのだけどナー。前のブログでご紹介した川嶋先生は「うつ病やガンで来院される患者さんの殆どが冷えている」といわれる。

冷えは何故悪いの?
@冷えると血行が悪くなり栄養や酸素が身体の隅々まで運ばれない。
A身体の中に出来た有害物質が血行が悪くなるので排泄できないで体内に溜まってしまう。
B消化酵素や代謝酵素の働きが鈍り、免疫機能も落ちる。
  酵素は体温が37度から38度の時に活発に作り出されるそうです。
要は人間の基本的な生命活動のすべてが鈍ってしまうことになる。

身体が冷えるとどうなる?
手足の冷え、肩こり、偏頭痛、不眠、寝起きが悪い、疲れが取れない、いらいら、生理不順、低体温、トイレが近い、顔色が悪い、息切れをしやすい、汗をかかないetc.etc.・・・・
以上の中の一つや二つは屹度思い当たる節がおありでは?

ではその対策は?  つづく・・・   寺岡可江
posted by ちむじるばん at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷えはなぜ健康に悪いの?

世界的免疫学者の安保先生や断食道場でも有名な石原結実先生など最近では結構お医者様でも体を温めると免疫力は上がり元気になれるといわれる先生が多くなってきました。川嶋朗先生(東京女子医科大学付属青山自然医療研究所クリニック所長で腎臓が専門の内科医)も「心もからだも冷えが万病の元といわれている先生のお1人です。冷えこそ万病の元といわれる先生たちは西洋・東洋の垣根を問わず広範囲の医療を取り入れられている先生が多いようで、川嶋先生は鍼灸やホメオパシーを、又、石原先生は金魚運動の西勝造先生に朝食を抜く一食断食を学び、又腸造血説を唱えられた森下敬一先生からは30年も前に既に肉は食べない玄米菜食の食事を学ばれていたとか。この頃既にスイスでは世界初の自然療法病院があることを知り即この病院に研修に行かれたそうです。先生のこの行動力と直感の鋭さに感動しました。そこでは朝は人参りんごジュースのみ。肉や牛乳、卵は一切なかったそうです。そして瞑想療法、鍼灸療法、温熱療法も併用。それだけでガンをはじめ難病、奇病の患者さんが次々に治っていたのだそうです。
今まさに自然療法が注目され始めてきましたが30年も前に既にヨーロッパではこんな病院があったことに驚きました。
ここでもからだを温める温熱療法と心を癒す瞑想がなされていたわけです。
石原先生のことは大変に尊敬していますので改めてゆっくり書かせていただくことにして、今日は「現代人は心もからだも冷えている」と言われている川嶋先生のお話を少し書いてみたいです。
                   寺岡可江
posted by ちむじるばん at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

呼吸で瞑想に集中

本棚にしまいこんであった一冊の本ティク・ナット・ハン著「微笑みを生きる」気づきの瞑想と実践。著者はベトナム生まれ。16歳で出家。コロンビア大学とかソルボンヌ大学で教鞭をとる。ベトナム戦争中は弾圧と戦いながら犠牲者救済と停戦実現に尽力。仏教の指導、難民救済、平和活動を続けている。

この本に意識的呼吸というのがあった。吸う、吐くの簡単な動作を意識してする。私たちの心を呼吸につなぎとめておく練習です。この吸う、吐くの動作を意識してすることによって息が鎮まり心が穏やかになって行く。彼にとって呼吸はかけがえのない喜びだそうです。
私たちはなんと無意識に当たり前のごとく呼吸をしているのかしら?何でも失ったときに初めて有難さがわかるとよく言われますが、当たり前と思っている呼吸も出来ない苦しみを味わうと呼吸できることが本当に有難いことだとわかる。肺気腫で呼吸困難になり亡くなって行った父の姿をずっと看病しながら見ていた私でさえも、当たり前と思ってしている呼吸です。呼吸を出来ることを喜びに変えよう!

息を吸って私は静か、
息を吐いて、私は微笑む(にっこり、顔の筋肉が緩みます)
この今に生きることこそが
私には素晴らしい一瞬

こうつぶやきながら今を楽しむ瞑想をする。呼吸を楽しむ瞑想なのだ。
眠ってしまうか、しょうもない過剰な思考の連続だった瞑想から少しは解放された。どうも私の頭の中は昼夜を問わずエンドレステープが回り続け、無用なことを考えている時間が多かったような気がする。

彼の言葉を借りれば過去はもはや過ぎ去ったもの、未来は未だ来らざるもの。今を生きることが出来なかったら、命と触れ合うことも、私たちを取り囲む美しい世界に出会うことも出来ないのだと。
この気づきの呼吸で瞑想をすると心が落ち着き鎮まります。過剰な思考の連続から解放され過去の悲しみや未来の心配事から自由になり只、只今ここに生きる幸せが感じられるのです。

瞑想始めると眠くなったり、あれこれ考えがめぐってしまう方がおられましたら、是非一度お試しください。何かヒントになるかもしれません。
posted by ちむじるばん at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうやって瞑想に集中する?

瞑想に集中できない人って結構いますよね。かく言う私も本当になかなか集中できない一人です。以前は瞑想を始めると必ずほんの数分で深い眠りに入っていました。何とか眠らないで瞑想は出来ないかと結構試行錯誤したものです。テープの誘導で森の中に入っていく瞑想をしたり、階段を下りていく方法だったり、太陽瞑想だったりいろんなことをしましたがどうしてもたちまち眠ってしまいます。ミャンマーのセアロ陽月院和尚様にも相談したことがありました。でもその当時は無理でした。
ミャンマーの聖地チャイティオのように気のエネルギーの非常に高いところに座っていても気持ちよくてあっという間に眠ってしまうのです。

今は殆ど眠ることはありません。自分が眠らないテクニックを見つけたからです。マントラを唱えながらする瞑想です。
でも今日、本棚にしまいこんであった本のことを思い出して数年ぶりに読み返しました。
これが又結構参考になりました。 続きは後ほど   寺岡可江
posted by ちむじるばん at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

究極の岩盤浴、ぽかぽかちむじるばん

世の中にはいっぱい岩盤浴と看板は出ているけれど、岩盤浴が大好きであちこち岩盤浴を体験した、通の岩盤浴愛好者から嬉しいお声をいただきました。「こんな岩盤浴は初めてです。6つのお部屋がそれぞれに特徴があり、どれも本当に心をこめて作ってある。いろいろな所に行けば行くほどぽかぽかちむじるばんのすごさが判ってくる。」と。
 本当に嬉しいお言葉でした。私たちはハード面でもソフト面でも世界中探してもどこにもないような素晴らしい岩盤浴を作ろうと思ってましたから。ぽかぽかちむじるばんを作って下さった大工さんも左官さんも内装業者さんもみんなそのつもりで私たちと心を合わせて一生懸命作ってくださいました。だからこそ完成した時、今までで一番良い設備が出来たと言って下さったのです。
1人でも多くの方にこの施設を利用していただき「心身ともに健康になり明日への元気、勇気、活力を得て欲しい」そう願ってやみません。

まだいらしてない方、どうぞ年末年始仕事から解放されたひと時をぽかぽかちむじるばんにお出かけください。2007年の疲れを癒し2008年を迎える準備を岩盤浴でどうぞ。ついでに自然食レストラン大地のめぐみで年越しそばも良いかもしれませんね。   寺岡可江
posted by ちむじるばん at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩盤浴でつるつる美肌。

今日は嬉しい言葉をいただきました。2件御紹介。
@一週間ほど続けて岩盤浴に通いました。そしたらなんと、お友達から「目の下の肌がつるつるしてきれいになったね」と言われたそうです。
A3か月ぶりにあった人に、「肌につやが出て輝いているけど岩盤浴のせい?」と聞かれたとか。ちなみにその方は一日おきにほぼ一ヶ月ぽかぽかちむじるばんに通った人です。    寺岡可江
posted by ちむじるばん at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

癒しのアーティストはせくらみゆき

アートセラピーって何なの?ということになりましたので、少し書きます。彼女のアートセラピーは色々なパターンがあります。自分の内なる輝きに気づく絵を描いたり、家族間の関係を絵で表現してみたり、親子のコミュニケーションや、自分の体の調整をする絵を描いたりとさまざまです。絵が下手だからとかは、全く関係ありません。全く絵を描いたことがない人がビックリするような絵が描けたりするのです。体を軽く動かしたり少し瞑想をすることによって、心や体が解放されると自分の意志とは関係なく自然に自分の感覚でかけてしまうとか。
そして自分の絵を通して光り輝く自分に出会って感動したり、心と体が解放されることによって不調だったからだが調整され生き生きと元気になられたりとさまざまな体験をしておられます。
絵がかけないからと躊躇しないで新年は勇気をもって行動を起こしてみたらどうでしょう。屹度新しい自分に出会えることでしょう。
                    寺岡可江
posted by ちむじるばん at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癒しのアーティストはせくらみゆきさん

今や売れっ子になったはせくらみゆきさんですが、来年の個展の始まりは岡山のデパート天満屋さんで2月13日から17日まで催されます。お堅いデパートの中でも結構お堅いと言われている天満屋さんで美術画廊ではなくイベントとして100坪の広さで開催。アートセラピーも何回か入っている。何でも時代の要求「癒し」に丁度はまったらしい。来年早々楽しみです。なんてったって、仕掛け人は私だから。

はつらつ元気にも予定として載っていますのでご確認ください。
そしてアートセラピーにでも参加なさってみたら?自分の見えなかった部分が見えてくるかも。
サイン会もあるし本の販売もあるそうです。

そしてぽかぽかちむじるばんの休息房に掛かる予定の地上の楽園の60号の油絵も初登場です。本当は始め8月完成の予定が、12月になり結局は個展まで持ち越しかな?  お楽しみに  寺岡可江
posted by ちむじるばん at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癒しのアーティストはせくらみゆきさん

本日発売の健康雑誌、「はつらつ元気」の新年号に20頁にわたって取り上げられましたはせくらみゆきさん。
彼女の絵は「幸運を呼び込む輝きの絵」とか。いかにも新年にふさわしいタイトル。
※生きている限りつらいことも、大変なこともありますが、それらの体験も必要があってやってくるもの。つらいと思えることでも、そこには気づき、成長するためのヒントが必ず隠されています。だからつらいと言う感情に流されず、もがき苦しんでもいいからそのつらさと向き合って欲しいのです。
※つらさを克服しようと、無理に頑張らなくてもよい。例えば海が激しく波打っていてもその波と一体化し、泡粒のひとつになった自分がイメージできれば激しい波も怖くない。
※自分を縛っていたこだわりや不安、苦しさに気づき、それがふっとほぐれることで、新しい景色が見えるようになった。

まさしくこれを彼女は身をもって体験し逃げることなく真正面から向き合い新しい自分に出会ってきたということが(少々おこがましい言い方で申し訳ないけれど)私にはよく判る気がする。十数年前に彼女に出会ったときからその生き方に変わりはない。そして彼女の魂の成長とともに日々絵が変わっていったことも素晴らしい。「癒しの絵を描こうと思って描いたことはない。自分に正直に生きて、感じたものを、既成の価値観にとらわれずただあるがままに喜びを持って描いた。」と本人も言っている。そんな感じの絵だと思う。
心がつらく、苦しいときに絵を見ながら呼吸する。そんなときの絵が、
この本にカラーで載っている。是非見て欲しい、一冊です。

彼女の絵は、ぽかぽかちむじるばんの休息房によそでは見られない原画が2枚、自然食レストラン大地のめぐみにジクレで4枚飾ってあります。
posted by ちむじるばん at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

タイのハーブ蒸しって滅茶気持ち良い

DSCF0011.JPG
次はタイハーブです。タイにいる娘が農場を駆け巡り色々なタイハーブのブレンドを試行錯誤しながら結局16種類の素晴らしいブレンドのハーブパックをオリジナルで開発してくれました。タイハーブ蒸しの準備が出来ましたので、昨年暮れに自然食品店プチ・メリットにラウラという名前でハーブ蒸しのお部屋を作りました。
扉を開けて中に入ると小さいけれどここは別世界、癒しと安らぎの空間です。濃厚なハーブの香りに包まれてまるで森の妖精にでもなった感覚が味わえます。個室なので1人でゆっくり一時間お楽しみいただいています。波動のわかる方が入られたときの言葉。「森の女神がおられる」と。また、もう1人は、「観音様がおられました」と。
私には観音様も女神様も見えないけれど、確かに気持ちよい空間であることだけは間違いない。肥沃なタイの大地と太陽の恵みをいっぱい浴びて育ったパワフルなタイのハーブが16種類もブレンドされているので
きっとそのエネルギーが素晴らしいのでしょう。
世界に一つしかない、タイハーブ蒸しのベッドです。
興味がおありの方は一度足を運んで見られては?
予約制になっています。TEL086−232−8386プチ・メリットまで。
なお、このタイハーブはぽかぽかちむじるばんの3階の黄土房にも置いてあり、良い香りを放ってくれていますが、残念ながら黄土房では煎じることが出来ませんので、ラウラほど濃厚ではありません。
posted by ちむじるばん at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイのハーブ蒸しって滅茶気持ち良い

念ずれば花開いたのです。ビックリしました。なんとタイの日本人向けの新聞に、ドーム型のハーブベッドが出ていたのです。タイにいる娘が知らせてきました。ベッドは日本製、後から判ったのですがベッドを作っている会社はタイの新聞に一度だけこのベッドを載せたというのです。その一度載せたときが丁度このタイミングだったのです。早速このハーブベッドの会社に行って体験させてもらいました。やっと寝てハーブ蒸しが出来たのです。感動しました。でも残念ながらこちらのハーブは国内のもの。そして私が想像していたほど濃厚なハーブの香りがしないのです。何故なら、蒸気の上にハーブパックを乗せているだけで、煎じ薬の様にお湯の中でクツクツ煎じているわけではなかったのです。メーカーさんにお願いをしました。何とか煎じられるように出来ないものかと。最初は断られましたが、次第に話を聞いてくださり、色々工夫してくださいました。
次はタイハーブです・・・・・    お楽しみに  寺岡可江       
posted by ちむじるばん at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイのハーブ蒸しって滅茶気持ち良い

タイのハーブ蒸しの続きが気になっていましたので、もう少し書きます。タイのホームセンターに売っていた家庭用のハーブ蒸しの椅子に座って2,30分。気持ち良いのだけれどじっと座っているのがどうも疲れると贅沢な考えが頭をよぎります。その頃日本に、ヨモギ蒸しが普及し始めていました。岡山にも何軒もヨモギ蒸しのお店が出来てきました。早速体験に行きました。確かに気持ちよい。薬草もヨモギだけではなく、漢方薬草のブレンドでとても気持ちよいし薬効も高そうだし、リラックスできた。韓国のヨモギ蒸しの清潔でおしゃれな日本バージョンといったところ。でもやっぱり30分くらい座っていないといけません。気持ちよいだけにだるいし眠いし、これはもう絶対に寝転がってリラックスしたい!!こんな欲張りなことを考えて、早速自宅で簡易のベッドをスノコで作って下から電気鍋で湯気を出しタイハーブをクツクツ煎じてみました。勿論、あるあるのテレビでタイ人がしていたように青いビニールのシートを上からかけて・・・・簡易ベッドでしたが寝転がれたので大変楽で気持ちよさが倍増。やはりこれしかないと思ってしまいました。念ずれば花開くとはこんなことかしら?お楽しみに・・・・
posted by ちむじるばん at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイのハーブ蒸しって滅茶気持ち良い

CIMG0714.JPG昨日は済みませんでした。なかなか写真が出てこなくて・・・・パソコンの技術が未熟なもので、時間がかかってしまって。今に少しづつ勉強して何とかご迷惑をかけないように頑張ります。やっと見つかりました、買って帰ったハーブ蒸しの家庭用の写真。タイ人庶民には少し高価なようで、田舎では相変わらずテレビに映ったような簡易なものでしているみたいです。ホームセンターでは沢山売られていましたが、外国人が買うのかな?  薬草の香りがしてとっても気持ちが良いのです。リラックス効果抜群。そして暑い国ゆえに建物の中やタクシーは寒いくらいのクーラーがきいて体は冷えてしまいますので芯から暖めるにはもってこいでした。           寺岡可江
posted by ちむじるばん at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

タイのハーブ蒸しって滅茶気持ち良い

<ブルーのビニールシートがかけてある写真。向こうのほうが頭でこちら側が足元ですがとっても長くて寝転がって見えますが実は座っている状態。足元のほうにはお鍋に熱湯が沸かしてあってその中に熱く焼いた大きな石を入れるとジューといって湯気でビニールシートの中が蒸し風呂状態になる。中は相当温度が上がるようで暑い暑いと言いながら大汗をかいていました。熱湯の入ったなべの中にはそこらへんに育ったハーブが何種類も入れてあって薬草蒸し風呂といったところです。暑い国なのにこんなお風呂に入るのかと不思議なのですが、これが伝統的タイのハーブ蒸しとか。そしてバンコクではホームセンターにハーブ蒸しの出来る便利なセットが沢山おいてありました。
すっぽり入れるビニールのケース。中に入れる椅子。椅子の下に置くお湯を沸かす電気なべ。そして鍋に入れるハーブはスーパーならどこにでもいっぱいありました。早速買って帰ってタイに住んでいた娘のアパートに設置しました。  その写真を載せたいのにどうしても見つけられません。明日続きを書きます。ごめんなさい。
posted by ちむじるばん at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。