2008年01月31日

日本のラドン温泉とバドガスタイン

日本でラドン温泉といえば、秋田の玉川温泉、鳥取の三朝温泉、岐阜の湯の島温泉、北海道の二股温泉etc.etc・・・・

今から20年位前玉川温泉のことをはじめて知って感動したものです。当時確か東大の先生がガンなどの難病が治ったとか発表されて一躍注目を浴び、今でも半年から一年待ちくらい予約がいっぱいだとか。数年前にプチ・メリットのお客様にホロとそんなお話をしましたら其の方は大変乗り気になられ、すぐ連絡を取られところ、たまたまキャンセルが入ったところにすっぽり入れてもらえて、翌日から一週間の予定で療養に行かれ、更に又、帰る日にキャンセルが入って3日延長ができて、其の追加の3日間で急に皮膚から大量の湿疹が出て完治されたようでした。そんな話がちらほら聞こえてくるのが玉川温泉ですね。

玉川温泉は特別天然記念物に指定されている天然ラジウム鉱石の北投石が有名ですが、地熱によって暖められた北投石の上に横になる岩盤浴と強酸性のラジウム温泉を併用することでホルミシス効果が出ているのではないかといわれており、玉川温泉全域の放射能の量は、自然放射線よりわずかに高い程度だそうです。又、放射能泉とはラドン・トロンなどのガス体が8.25マッヘ以上含むものをさしますが玉川温泉の場合は0.76マッヘとかなり少ないのが特徴のようで、玉川温泉の効能はラドン温泉と言うよりはむしろ其の環境・温度・世界でも珍しい強酸性の泉質が重なり合って生まれるものなのでしょう。

玉川温泉の地熱で温まった石の上に横になる岩盤浴と、バドガスタインのハイルシュトレン温熱坑道のあのトンネルの中で横になるのとは全く意味が違うと思いましたね。
あの閉鎖された湿度90%のトンネルの中でしかもラドンを含んだ温泉が地下から大量に噴出している其の熱気で温度が上がってまるでサウナのような状態。自然の力は偉大でした。
ヒットラーが世界大戦の時に金を採掘しようとしてかなわなかった坑道に、今や世界中から美と健康を求めて老若男女が寄り集っているのです。
怪我をした動物たちもこのトンネルで元気になって出てきたとか・・・私たち人間も独り占めしないで皆で自然からの贈り物を大切に感謝して味わいたいものです。

オーストリアにすぐにはいけないお忙しい皆様、とりあえず、一度ぽかぽかちむじるばん岩盤浴のバドガスタイン房でホルミシス効果を味わってみてください。
posted by ちむじるばん at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩盤浴で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

三朝温泉のラドン高濃度熱気浴室とハイルシュトレン温熱坑道

鳥取県の三朝温泉には岡山大学医学部・歯学部付属病院三朝医療センターがあり温泉療法の研究や診療が行われているそうです。20世紀中頃に元岡山大学の助教授によって三朝温泉と生活環境の類似した周辺地区とを比較しガンによる死亡率の調査を行い、三朝温泉地区の男女ともにガンによる死亡率は全国平均の50%以下で周辺地区と比べても低い傾向にあると言う報告がありました。
 又、三朝医療センターラドン高濃度熱気浴室の大気中のラドンはおよそ2000Bq/㎥で日本屋内平均濃度より百倍以上高く温度42℃湿度90%だそうです。ここで治療は9〜12回行われるそうですが、全被爆量は胸部X線撮影の一回の放射線量のおよそ1/2に当たり、正しく低線量ホルミシス効果の現れでしょう。

オーストリアのバドガスタイン地方のハイルシュトレンの温熱坑道の中は三朝温泉の3000倍くらいの濃度のラドンガスが充満しているそうなので、ここでは一回30分で一日おきに9〜12回くらいが一年間の許容量と言われています。

ハイルシュトレンの.JPG
温熱坑道の中にあるベッド、ここに横になって30分ラドンを吸引します。
   

では玉川温泉の放射線は?   つづく             寺岡可江  
posted by ちむじるばん at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩盤浴で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

驚くべき生体のHormesis効果

オーストリーのバドガスタイン地方にあるハイルシュトレン・ラドン温熱坑道。素晴らしい緑いっぱいの草原と、はるか向こうには雪を抱いた険しい山を望み冬場はスキー客でいっぱいのヨーロッパ随一の保養地ですがそこに世界各国から美と健康を求めて老若男女集まってきています。そこは温泉の湧き出るホテル街です。
行って来ました昨年秋に。体験しました、素晴らしいラドン浴を。

clip_image002.jpg
<温熱坑道の入り口です>
ここの温熱坑道ハイルシュトレンにはガスタイン研究所と言うラドン治療を研究している機関があります。坑道の中は70%〜95%の高い湿度で気温も37℃から40℃。何と世界平均の3000倍ものラドンを放出しており相当の治療効果をあげているようです。インスブルック大学医学部によりますと、適応症は「関節リュウマチなどの疼痛性疾患」「気管支喘息などの呼吸器疾患」「糖尿病・高血圧などの慢性退行性疾患」などが代表的なもので利用客の75%は症状が改善していると言われています。近年では健康と若さの維持を目的に訪れる人も増えているようです。
正しく「ホルミシス効果」の象徴でしょう。
   玉川温泉、三朝温泉もラドン温泉?   つづく        寺岡可江               

posted by ちむじるばん at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩盤浴で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

Hormesis ・・・・ホルミシス

昨今よく効かれるホルミシス効果って何なのでしょうか?
1982年アメリカ・ミズリーのトーマス・D・ラッキー博士が「微量の放射線は免疫機能の向上をもたらし身体のあらゆる活動を活性化し、病気を治したり、病気に掛かりにくい身体にしたり老化を抑えて若々しい身体を保つなどあらゆる成長の向上に効果がある」と発表しました。
これまでは放射線は身体によくないと言われてました。
ホルミシスとは、ギリシャ語で「促進する」「刺激する」と言う意味でラッキー博士がこの作用を放射線ホルミシスと命名したそうです。

天然ラジウム鉱石から放出する低線量の放射線(ホルミシス)が注目され始め、世界でもトップレベルの天然ラジウム鉱石、バドガスタイン鉱石が一躍有名になりました。
其のオーストリアのバドガスタイン鉱石を床に敷き壁にも貼っているのがぽかぽかちむじるばん岩盤浴にあるバドガスタイン房です。よその岩盤では味わえないホルミシス効果を是非体験してみてください。
バドガスタインの体験談も以前にブログに写真入で書いてありますので、ご興味のおありの方は一度読んでみて下さいね。
オープン以来バドガスタイン房は好評で入場制限もやむ終えずさせていただくことがありますが少し待っていただくとお入りいただけますのでご了承くださいませ。
又、ホルミシス効果についてつづきを書きますね。    寺岡可江
今よく効かれるホルミシス効果って何なのでしょうか?
1982年アメリカ・ミズリーのトーマス・D・ラッキー博士が「微量の放射線は免疫機能の向上をもたらし身体のあらゆる活動を活性化し、病気を治したり、病気に掛かりにくい身体にしたり老化を抑えて若々しい身体を保つなどあらゆる成長の向上に効果がある」と発表しました。
これまでは放射線は身体によくないと言われてました。
ホルミシスとは、ギリシャ語で「促進する」「刺激する」と言う意味でラッキー博士がこの作用を放射線ホルミシスと命名したそうです。

天然ラジウム鉱石から放出する低線量の放射線(ホルミシス)が注目され始め、世界でもトップレベルの天然ラジウム鉱石、バドガスタイン鉱石が一躍有名になりました。
其のオーストリアのバドガスタイン鉱石を床に敷き壁にも貼っているのがぽかぽかちむじるばん岩盤浴にあるバドガスタイン房です。よその岩盤では味わえないホルミシス効果を是非体験してみてください。
バドガスタインの体験談も以前にブログに写真入で書いてありますので、ご興味のおありの方は一度読んでみて下さいね。
オープン以来バドガスタイン房は好評で入場制限もやむ終えずさせていただくことがありますが少し待っていただくとお入りいただけますのでご了承くださいませ。
又、ホルミシス効果についてつづきを書きますね。    寺岡可江
posted by ちむじるばん at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩盤浴で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

タイハーブの岩盤浴

プチ・メリットのラウラでハーブ蒸しをしているタイハーブ。又、ぽかぽかちむじるばん岩盤浴の黄土房につるしてあるタイハーブ。どちらも当社のオリジナルのブレンドですが、タイの肥沃な土地で太陽のエネルギーをふんだんに受けてすくすく育ったハーブには、私たちを元気にそして優しく包み込んでくれるたくましい底力が秘められています。
其のタイハーブのそれぞれの薬効を書いてみます。

<ダイエット& デトックス>  14種
タイ語        英語
Ta-Khrai   (Lemongrass)    利尿作用、殺菌、美肌、沈静
Takhrai-hom  (Citronella grass)   血行促進、健胃、駆風(腸内のガス排出)
Phlai (Cassumunar ginger) 利尿、駆風、腸内環境の改善、通経、筋肉痛
Kha (Galangal)      抗菌、腸内環境の改善
Bai Makruut (Kaffir lime leaf )   女性疾患の改善、血液浄化、消化不良、
抗酸化作用 
Peew Makruut (Kaffir lime peel)   ホルモンバランスの調整、血行促進、頭痛、間接痛の緩和
Kha-min (Turmeric )      美肌、抗菌効果、アレルギーの緩和、健胃  
Matuum (Beal) 利尿作用、腸内の改善、強壮作用
Bai SomPoi     (Acacia concinna) 皮膚の浄化、保護
Bai Makham (Tamarind leaf) 美肌、アレルギー症状の緩和、鎮静
Peew Som-O (Pomelo)        美肌、皮膚の抗菌、浄化 
Bai Som Sieo (Leguminosae)     通経、ホルモンバランスの調整、頭痛緩和
Mali (Jasmine)       強心、精神安定、血液浄化  
Bai Toei      (Pandanus leaf)    抗酸化、抗菌作用
posted by ちむじるばん at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩盤浴で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

枇杷の葉温灸と枇杷の葉エキス

お釈迦様の経典の一つ「大般涅槃経」に「枇杷の木は大薬王樹といい、枝、葉、根、茎ともに大薬あり、病者は香りをかぎ、手に触れ、舌で舐めてことごとく諸苦を治す」と記されているそうです。日本には奈良時代に仏教とともに中国から伝来したと言われており、お寺の境内に枇杷の木を植えて、檀家の人々や村人に枇杷の葉療法をして病人を救ってきたと言われています。日本では庭に枇杷の木を植えると病人が耐えないとか言われ植えるのを嫌っていましたが近年は其の便利さのゆえに庭に一本枇杷の木をといわれるようになって来ました。

我が家の庭には枇杷の木はないのですが、お隣の空き地に大きな枇杷の木があって大変重宝しています。枇杷の葉エキスを作るなら2月と言われ、一番薬効が高いらしく、毎年2月にお隣から枇杷の葉を頂いて無農薬の玄米焼酎一升に漬けます。虫さされの時の外用薬のみならず、喉が痛かったらうがい薬に、口内炎や歯槽膿漏などにもよいと言われ少し口に含んでおいてから飲み込むと効果的とか。病弱の人は毎日盃いっぱいほどをストレートで飲むか、水または枇杷茶で割って飲めばよいそうです。我が家では飲むことも考えて無農薬の玄米焼酎で漬けています。

以前は枇杷の葉温灸と言えば枇杷の生葉にもぐさを使用する温灸でしたがこれだと煙もにおいもすごいし灰の始末も大変でした。私が枇杷の葉温灸を知った頃にはこれよりもう少し進化していて、特殊な器具を使って枇杷のはエキスともぐさでするものでした。これだと生葉はなくても出来るのですがやはりにおいと煙と灰が大変でした。最近は遠赤外線を使って枇杷の葉エキスを皮膚から浸透させる器具が出来、煙も灰も出ないし遠赤外線の力で深く皮下に入るので大変便利になりました。

この枇杷の葉温灸の効能は
@疲労回復A血行促進B筋肉の凝りをほぐすC筋肉の疲れをとるD神経痛筋肉痛の緩和E胃腸の働きを活発にするetc.etc・・・・

枇杷の葉に含まれているアミグダリン(種には葉の1000倍以上のアミグダリンが含まれていると言われていますが)が、抗菌、抗がん、鎮痛作用があると言われていますが、其のお蔭か私の小指の痛みも消え、腫れも大分ひいてきて楽になってきました。枇杷の葉エキスを作っておいて良かったです。
                          寺岡可江  
posted by ちむじるばん at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚の目と枇杷の葉温灸

昨日は魚の目に悩まされ夕方から夜にかけては痛くて履物が履けない状態でした。やっと一日の仕事を終え、自分の為の時間が取れたときはもう片足引きずるくらいの痛みでした。小指の魚の目程度でもこんなに応えるなんて私って本当に痛みに弱いものだとつくづく思いました。だってまっすぐ歩けなかったですから。そして早速調べていた枇杷の葉温灸を始めました。始めは少し痛かったですがほんの数分たつと次第に痛みが取れてきて気持ちがよくって・・・結局ひたすら魚の目に当てることおよそ30分。もっともっとしたかったのですが寝る時間が気になり結局30分で止めました。でも前夜は痛くて眠れなかったのが一晩全く痛みも感じず、今朝まで眠れました。すごいと思いました。
今朝も又30分しました。普段は殆ど仕事中靴を履いてないので大丈夫なのですが、明日はどうしても出かけるため、靴をはかないといけません。もう1,2回温灸をして何とか靴を履けるところまで持って行きたい所です。でも何とかなりそうです。今日は大変楽になりましたから。楽しみです。こんなに枇杷の葉温灸が効いたのも初めてです。

3千年の歴史のあるお釈迦様由来の仏教医学に端を発する枇杷の木の薬効。今なお受け継がれているのが素晴らしい。枇杷の葉療法については又、続きを書きます。    寺岡可江
posted by ちむじるばん at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイハーブで美顔に

DSCF0034.JPGぽかぽかちむじるばん岩盤浴の黄土房に入れてある16種類のタイハーブ、一種独特の香りがしますが、なれるとこれがなんとも言えない癒しの香りです。農薬に犯されていない大地のめぐみをいっぱい吸い上げ、さんさんと降り注ぐ太陽のエネルギーをふんだんに吸収した16種類のタイハーブ。それぞれに素晴らしい力を持っている植物です。
タイでは自然に生えているさまざまな植物を使って、日常に庭先でしているのがハーブ蒸しですが、其のエキスを少しおすそ分けいただき、16種類のブレンドをオリジナルで作っていただきました。
今回はそれぞれの植物に敬意を表して一つづつ偉大な力をご紹介したいと思います。 偉大な力は明日書きます。お楽しみに。

これらの植物は太陽の下で充分自然乾燥させ、丸く硬く整形されてハーブボールとなって蒸し器で温められ、タイマッサージの後で経絡に沿ってマッサージをするのに使われています。
小さめのハーブボールは顔のマッサージ用に、大き目はボディー用です。又、入浴剤としても数回使えますので、結構重宝しますよ。プチ・メリットにもタイのハーブボール置いています。顔用に又入浴剤としてお使いください。 寺岡可江

posted by ちむじるばん at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 美肌・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

枇杷の葉温灸で魚の目治療

一ヶ月前くらいから、右足小指に魚の目が出来て、いたいナーと思っていました。魚の目ってやはり内臓からのオーバーワークの警報だから関連の臓器のケアーをすれば其の臓器がよくなれば、気づいたら魚の目は消えていたと言うことになるとか。いつもこの調子でやり過ごしていましたが、今回は中々そうも行かず、昨夜は寝ていても痛んで眠れないほどでした。足の小指と言えば腎膀胱系の経絡上です。寒さで屹度冷やして腎臓も膀胱も疲れさせてしまっているのでしょう。相当暖めてケアーはしてみましたが、いまいちで結果が昨夜の痛み。自然療法では魚の目の痛みってどうするのかしら?調べてみました。枇杷の葉温灸が良いそうです。今夜は枇杷の葉温灸やってみます。又報告しますね。寺岡可江
posted by ちむじるばん at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大豆から揚げ見たことない!

から揚げ単品.JPG自然食に全くご縁のない方には大豆のから揚げ?とはどんなものか全く分からないといわれる方も多いようでしたので、写真を撮りました。
一見鶏肉?食べるとコクがないとか、歯ごたえが違うとか、それは確かにお肉ではありませんので似て非なるもの、同じわけがありません。でもヘルシーで中々美味しい一品です。肥満がイヤな方、血圧が不安な方は是非お試しください。

大地のめぐみには「畑のから揚げ定食」と大豆から揚げの単品もあります。                  寺岡可江
posted by ちむじるばん at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然食で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

畑のお肉「大豆から揚げ」で骨粗鬆対策

玄米菜食でたんぱく質をとる時には豆類をよく使います。小豆、大豆、黒豆、ひよこのように可愛いひよこまめ、銀手亡、トラ豆、パンダ豆、白手亡などなど生命エネルギーいっぱいの豆が自然食品店プチ・メリットにも沢山あります。そして豆腐、あげ、納豆、高野豆腐、湯葉、大豆から揚げなどの加工品や、味噌、醤油などの調味料まで日本人とは切っても切れないくらい縁の深いものがいっぱいです。日本人は古くからお米と豆で命を繋いで来ていたようです。本来農耕民族ですから。
 
今日本では非常に骨粗鬆症の人が増えていると言われており、特に閉経後の女性の殆どが其の可能性があると言われております。それは閉経により女性ホルモンのエストロゲンの分泌低下によって骨代謝が悪くなり骨の破壊が進むのだそうです。骨形成を促進し、又カルシュウムが骨から溶け出すのを防いでくれるエストロゲンと同じような作用をするといわれているのが、大豆製品に含まれるイソフラボンだそうですので、閉経後の女性は特に大豆製品を積極的にとる事が良いようです。
勿論、骨への刺激も必要なので、適度の運動はしてくださいね。

大豆で出来た大豆から揚げは結構色々なお料理にお肉の代用品として使えて便利です。下味を付けた後、から揚げをして酢豚代わりに又筑前煮とか勿論から揚げとしても。ぽかぽかちむじるばん岩盤浴の自然食レストラン大地のめぐみでは「畑のから揚げ定食」として人気のメニューになっています。鶏肉のから揚げ風だけどあっさり味で低カロリー。ダイエットやメタボにはもってこいのメニューです。ご家庭の食卓にも是非一度お試しください。        寺岡可江
posted by ちむじるばん at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然食で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

紙は再生紙に生まれ変わりたいの?

古紙40%と言われていた年賀はがきが数%しか古紙が入ってなかったと言う現実。ノートからコピー紙、封筒、名刺迄昨今は「古紙を使用してます」と書いてあり、これを信じて環境のためにと企業も個人も古紙配合の紙を使用して早十数年になりますが、なんともこの偽装が大手製紙会社が軒並みやってきていた、しかも十年以上も。偽装が食品業界だけではなく製紙業界まで発展し、しかも大企業と言うことになるとなんともやるせない思いに駆られてしまいました。昨年は偽装問題で世界から信用をなくした中国ですがこんなことをしていたら日本人の人間性まで疑われそうな気がしてしまいました。

確かに古紙を再利用すること、ペットボットルを再利用することなど環境問題に配慮してる感じがしないでもありませんが、でも本当にこの再利用がエコなのでしょうか?ペットボトルがない時代には水筒を持ってましたし、コピー機がない時代には今ほど紙の消費はしてなかったと思います。新聞の折り込み広告の数にも驚きます。週末には新聞以上に広告の折込のほうが多くて、全く広告を読まない我が家ではひたすらたたんでいるだけで何とか折込を入れない方法はないものかと思うくらいです。でも屹度折込の効果はあるからこそいまだにどんどん増えているのでしょうね。
以前に再生紙の話をしていた時のこと。紙の気持ちって本当はどうなのだろうか?と話し合ったことがあります。紙は再生紙に生まれ変わりたいと思っているのかどうか?紙にも意識があるとすれば、紙はきっと再生紙になりたいとは思わないだろう。自分が一枚の紙だとしたら、一枚一枚の紙を本当に大切に使って欲しいと思うのではないかと。私たちはもしかしたら又再生できるからと安易な気持ちで、どんどん紙の無駄遣いをしているのかもしれません。昨今はインクも落ちにくくなっている分再生の工程で薬品を沢山使いかえって水を汚したりして環境に負荷が掛かっている場合もあると聞いたこともあるのですが。

仕事をしているとついついコピーをしてしまうことがありますが、できる限り紙の消費を押さえ、パソコンで済ませるようにしたいと思う昨今です。屹度紙も再生されることを望んではないと思えるし、ペットボトルも再生は望んでないのではないでしょうか?便利さの陰に隠れてしまって物の本質が見えなくなりかけていますが、ペットボトルや、紙の意志をはっきり読み取ることができたなら、私達の行き方も又変わってくるのでしょうね。
大手企業の偽装問題を通して、何か大きな間違いを警告されたような気がしてなりません
posted by ちむじるばん at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

暖冬から一気に冬景色

CIMG3041.JPG暖冬で3月の陽気に身軽になっていましたが、先週暮れはまともに1月の冷え込みに戻り、岡山では珍しく雪になりました。夕方4時頃から降り始め夜中まで降り続いていました。私は、丁度降り始めに用事があってぽかぽか温泉に行きました。こんなに珍しい大雪ではお客様も少ないでしょうし、早くに切り上げられるでしょうから、スタッフもできるだけ早く帰さなければと思っていましたところ、そんな心配も何の其の、営業時間ぎりぎりまで外の雪など全く関係ないかのようにお客様はゆっくりくつろいでおられました。積雪2センチとか翌日は言っていましたが、靴はすっぽり埋まるほどで、一歩歩くと足先はびしょびしょになるくらい雪は深かったです。車でなれない雪道は怖かったのでレストランの片づけを済ませた娘と11時半ごろ2台並んで帰ってきましたが、皆さすがに慎重で2,30キロで走っていました。
翌朝の凍結のほうがスリップ事故につながりそうで心配でしたが、すっかり朝には車道の雪は解けて何事もなかったように車はすいすい走っていました。雪景色の後楽園を見たいと思って後楽園まで行ってみましたが、もう解け始めていましたので写真に収めるほどでもありませんでした。残念。でも一夜白銀の世界を楽しめて、なおかつ全く日常の生活には困らない素晴らしい体験に感動しました。雪国の方々は美しいとか綺麗とかでは済まされないくらい生活そのものが雪で脅かされるのですから、暖かい地方に住む私たちは本当に幸せですね。
真っ白になった我が家の芝生。         寺岡可江

posted by ちむじるばん at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

風邪ってどの内臓の風邪????

ラウラのベッド.jpg野口整体の野口先生が「風邪とは、内臓のツボから風邪(ふうじゃ==かぜの邪気)が入ってきた結果の症状なので、どの内臓のツボから邪気が入っているかを見極めてその臓器のケアーをすれば大事に至らなくて済む。だから風邪はひいても良いが早く治すのがコツだ。」と書かれているのを読んだ事がありますが、野口先生は風邪の兆候があると、頚椎から胸椎、腰椎と上からずっと背骨沿いに気を流してどこのツボが氣が滞っているかを確認するのだそうです。滞っているツボが分かれば関連の臓器が分かりますので、其の臓器のケアーをするということのようです。
2,3日前から私も喉が痛くてイガイガし始めました。サー、チャンスです。兎に角色々とやってみました。先ずは背骨に氣を流して氣滞のチェック、そしてそこの滞っている氣を流すようにヨガと整体をして。うがいは、ティートゥリー液とQパワーソルト液(どちらが気持ち良いかは日によって違いました。決してうがい薬の○ソ○ンは使いません)今日はQパワーソルト液。ペットボトルに作っておいて、絶えずうがいをしています。そしてプチ・メリットにある岩盤浴、ラウラにはタイハーブをたっぷり入れ、微量放射線が出ているラジウム鉱石のバドガスタイン鉱石も入れて40分、頭からすっぽり入って呼吸をすると乾燥した喉が楽になります。のど飴は、プチ・メリット一押しの生羅漢果と生姜ののど飴。(甘味は麦芽水飴と米飴、羅漢かエキスにしょうが汁とヒマラヤ岩塩入り)ドリンクは梅醤番茶。風邪にはビタミンCが必要なので朝の人参ジュースにはいつもの倍ほどレモンを入れました。そして周りの家族や会社のスタッフに移さないように24時間私の周りでは殺菌力抜群のアロマランプをたいていました。喉の痛みも大分治まってきているようなので屹度これで切り抜けられるでしょう。皆様も風邪などお召しになりませんようにくれぐれもお大切になさってください。予防にうがいは大切なので帰宅時にはうがいだけは習慣にしておいてくださいね。そして風邪と思ったら兎に角ゆっくり休んでください。日ごろ無理している身体への「一休み」の信号ですから。寺岡可江


posted by ちむじるばん at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

真の食べ物とは?お米の生命力

私たちにとって本当の食べ物って?
以前にミヤンマーの大僧正のお坊様に言われたことがありました。
本当の食べ物と言うのは、「何日も何日も同じものを食べても、決して飽きないもので、味がついてなくてもおいしいものだ」と。「どんなに肉が好きな人でも、毎日3食、肉を食べたらもう欲しくなくなるだろう」と。
だから、肉は本当の意味で我々の食べるものではないのだそうです。

確かにお米は3食でも食べ続けられますね。お米さえあれば何とか生きながらえることもできますし。一粒の種から限りなく沢山のお米が取れる、この生命力には改めて感動します。本当に素晴らしい贈り物!
                     寺岡可江
posted by ちむじるばん at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然食で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玄米って本当に身体に良いの?

今では自然食では当たり前となってきた玄米ですが、本当に玄米って身体に良いのでしょうか?食べ物が持つエネルギーの見解からすると、玄米を水に浸しておけば芽が出てやがて沢山のお米が採れますので素晴らしい食べ物でしょう。そこには命の元がいっぱい詰まっています。白米はいくら水につけても、決して芽を出すことはありません。白米は粕「かす」で、命のない食べ物なのです。玄米をよく噛めば唾液は抗がん剤になるとか、胃にも負担が掛かりません。玄米に含まれているフイチン酸が有害物質を吸着して体外に排出してくれますし、豊富な繊維が腸のぜん動運動を助け便通がよくなります。玄米が身体によいと言われる所以です。玄米を食べなれると、白米は歯ごたえがなく何となくかすの様な感じがするのは私だけではなさそうです。玄米は噛めば噛むほど甘味もうまみも出てきますよ。但し、戦時中に玄米を食べてきたから何となく思い出すのが厭でと言われるお年よりは少なからずおられますね。

そんな栄養たっぷりの美味しい玄米ですが、「よく噛む」事以外にもう一つ忘れてはならないことがあります。玄米に含まれるフイチン酸は有害物質の解毒作用が強いのですが、其の分鉄、カルシュウム、マグネシュウム、亜鉛などのミネラルやたんぱく質の吸収を阻害するのだそうです。このフイチン酸とミネラルの結合をといて身体に大切な栄養素を吸収させてくれるのが実は古くから日本人の食生活に欠かすことのなかった味噌や醤油、納豆などの発酵食品だったのだそうです。先人の理屈ではない知恵は本当に素晴らしいですね。玄米ご飯に天然漬けの梅干や沢庵、味噌汁に海草。こんな食生活が健康の源と言うのも理屈抜きで納得いきますね。

玄米ご飯がまずいと思っておられる方、電気釜ではなく是非圧力鍋で時間をかけて炊いてみてください。なれると意外と楽で、美味しく炊けますよ。我が家では、一升の玄米を小豆とともに圧力鍋で50分位炊き50分位蒸らして圧を抜きます。もっちりとしてお赤飯のようなご飯の出来上がりです。              

大地のめぐみの玄米も圧力鍋で炊いています。   寺岡可江
posted by ちむじるばん at 18:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然食で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

世界には二人の名医がいる。それは食欲不振と発熱だ。

なんでもドイツで自然療法をしておられるお医者様の言葉らしいのですが、これを見つけて思わず拍手してしまいました。風邪をはじめ様々な病気にかかると人は発熱し、食欲がなくなりますね。これは食べることをしばし休んで胃腸を休め消化に必要なエネルギーを病気を治すほうに使いたいから食欲がなくなっているのだと以前聞いたことがありました。だから無理して欲しくないのに食べることはないのだと。ところが体力をつけなくてはと、食欲がないのに無理やり食べさそうとすることが多々あります。自然界の動物は病気をするとじっと寝て、治すことにすべてのエネルギーを注いでいるようで、どうやらこれが自然の摂理に沿った自然治癒力を発露させることのようです。
 又風邪を引いて熱がでると現代医学では解熱剤と言うことになりますが、私の知っている自然療法も取り入れられているお医者様は、決して解熱剤を出されません。ゆっくり寝れば3日もしたら熱は引くからと言われて。これは風邪の菌を殺そうとして発熱しているのでそっと見守って上げましょう、熱に感謝して。がん細胞が大好きなのは体温35℃、そしてがん細胞が死滅するのは40℃とか。
発熱も、食欲不振もすべては自分がよくなるための自然の摂理にのっとった自分の力、自然治癒力。本当に人間の身体って素晴らしいですね。
感謝、感謝。感動です。       
今日は少し喉が痛くて風邪引きそうなので、これから岩盤に入ってしっかり喉を潤し、体温を40℃まで上げてみます。
                        寺岡可江
posted by ちむじるばん at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

人参ジュースでデトックスとダイエット

ぽかぽかちむじるばん岩盤浴に併設の自然食レストラン大地のめぐみで、昨年のオープン以来根強い人気の人参ジュース。地元岡山の生産者さんが心を込めて作ってくださっている有機無農薬の人参をご注文を受けてからジューサーに入れてお作りしています。このところ次第に其の人気も高まり、ご注文が多くなってまいりました。なんといってもしぼりたてだから、ビタミンCも豊富ですし、生絞りゆえ熱処理してない分人参そのもののお味も豊かだし、又栄養も充分あって満足度200%!
岩盤浴の後のドリンクに最高です。

にんじんの食物繊維によるダイエット効果、脂肪燃焼を早めるビタミンB1の効果、解毒作用のあるβ-カロチンの効果などで、健康とダイエットを目指す方には超お勧めのドリンクです。

岩盤浴と人参ジュースの相乗効果でダイエットとデトックスをご体験ください。我が家でも毎朝コップいっぱいの人参ジュースいただきます。甘くて大変美味しいですよ。          寺岡可江      
posted by ちむじるばん at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然食で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納豆の白い斑点、筍の白い粉で記憶力や集中力を

納豆の白い斑点や筍の白い粉はチロシンという脳の働きを活性化するアミノ酸だそうで、脳内の神経伝達物質の働きを活性化させ、記憶力や集中力を高めてくれるのだそうです。交感神経に作用して運動能力を高めるノルアドレナリンの材料として必須との事。このチロシンが不足するとうつ状態になるとも言われています。毎朝美味しい納豆にお味噌汁なんて本当に日本人に生まれてよかったですね。
レバーや青魚に多く含まれているアラキドン酸とあわせて、脳の老化防止にお役立てください。 近頃物忘れすることが多くなった寺岡可江
posted by ちむじるばん at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然食で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

酢で血液サラサラ、健康に。

酢は昔から世界中で調味料として使われてきました。日本ではもっぱら米酢、ヨーロッパではワインビネガー、アメリカはアップルビネガー、熱帯地方はココナツビネガーなど。酢の歴史は古く紀元前5000年にはワインビネガーがつかわれていたそうですし、古代ローマの料理本にも載っているそうです。更に医学の祖ヒポクラテスは酢の殺菌作用に着目し呼吸器や犬に噛まれた時の治療に用い、また、回復時には酢卵も使ったそうです。中国でも食用のみならず内服薬として又、外用薬にも使ったと古代中国の記録にあるそうです。

酢を作る過程では、原材料の米、米麹、水の自然発酵(糖化、アルコール発酵、酢酸発酵)によって、各種のアミノ酸が増えます。私達の身体は60%が水、20%がアミノ酸で出来ていますが、其のうち9種類の必須アミノ酸は体内で合成することが出来ないため、食べ物で摂取する必要があります。各種のアミノ酸が酢ができる醗酵の過程でできますので酢が身体によいと言われるのは当然のことでしょう。
日本でも昨今血液サラサラに黒酢ドリンクを飲むと言う話をよく聞きます。血圧の高い人にもドリンク酢は良いようですが、飲みすぎにはくれぐれもご注意ください。昨今巷では酢のドリンクバーが流行っていますが、特に女性の皆様、酢の飲みすぎは身体を冷やしますので、お気をつけくださいね。                  寺岡可江
posted by ちむじるばん at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然食で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。