2009年01月18日

バランス取れない、弱くなった子供たちの足?!

ちょっと面白い記事を見つけました。スポーツをしている子供たちが靴を脱いで裸足になると急に足もとが不安定になり、ふらついたりじっと立っていられなくなるというのです。どうやら身体は立派なのに、足の力が弱いらしいのです。そして何故足が弱くなったのかと言うと、環境の変化や、社会不安の影響で今の子供たちは昔のように裸足で遊んだりすることがなくなったことや、幼児期からベビーシューズを履かされ足を鍛える機会がより少なくなっているからと言うのです。
裸足だと指の自由度が高く片足でも地面をしっかりとらえられるので、歩行時両足地面についている時間が短いのだそうです。その分片足に体重をかけるので足が鍛えられるという訳。また着地時の左右の足の幅も素足時が一番狭く、続いてウォーキングシューズ、パンプスとなるようです。安定性が高いので足幅が狭くても立っていられる訳。
裸足だと踏んばる力と、蹴りだす力が強いので、土踏まずもしっかりアーチが出来、外反母趾などにもなりにくいそうで、どうやら私たちもあまり過保護にならないよう、裸足で足力を少しは強化したほうが良いのかも知れませんね。             寺岡 可江 
posted by ちむじるばん at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

低体温に挑戦

昔は平熱と言えば大人が36,5度子供は37度近いと言われていましたが、今では36,5度平熱のある人は少なくて、子供でも35度代の子供がいるそうです。36,5度から37度あれば、健康体で免疫力も旺盛。35,5度が恒常的に続くと排泄機能は衰え、自律神経は乱れ、アレルギー症状も出やすくなります。35度になるとがん細胞が増殖しやすいし、34度では水におぼれた人の命が助かるかどうか?33度は冬山の遭難で凍死寸前とか。体温が1度下がると免疫力が30%も下がるといわれています。
もともと冷え症でした私が、一昨年色々なことをして平熱を36,5度までやっと上げておりました。特に夏場のクーラーが大変苦手でしたが、一昨年は真夏もほとんど毎日ぽかぽかちむじるばん岩盤浴に入って、体温を調整していました。ところが昨年何の不節制からか(岩盤浴も回数は極端に減っていましたが)またまた体温を下げてしまったようで年末の風邪も災いして、このところ寒い所にいると35度前後になってしまっていました。これでは体調崩れるのも当たり前でした。

そこで今年は大きく反省して、お正月から頑張って岩盤浴に通っています。その甲斐もあって、昨日は本当に気持ちよくぽかぽかちむじるばんの1F竹炭のプレートのところで30分も眠ってしまいました。そしてマッサージを1時間してもらい、今度は岩塩房で30分。ぽかぽかになって
おかげで外に出てもしばらくは6度代を維持できていました。お風呂も腰湯にして結構長い時間はいるのですが、やはり入浴後の体温維持はとても岩盤浴にはかないません。

まだまだ36,5度を日中維持することは出来ませんので、もうしばらく岩盤浴に通って何とか平熱を36,5度まで持っていきたいものです。
そしたら体の痛みもずいぶん軽減されると思いますので・・・・    冷え症の皆さん、ぜひ一度ご自分の体温を計ってみてください。びっくりするほど低いかも知れません。36度を下回っていたら1度アップを目指してくださいね。健康を維持するために。
                    寺岡 可江     
posted by ちむじるばん at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩盤浴で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

ぽかぽかちむじるばん岩盤浴で復活

皆様、明けましておめでとうございます。

久しぶりにページを開いてみると何と一か月も何も書いていなかったことと、何も書いてないのに沢山の方に訪問いただいているのに驚いてしまいました。おさぼりしてしまいすみませんでした。つい師走の忙しさの為に後回しになってしまっていましたのと、12月後半に風邪をひいて、体調を壊してしまい、年末ぎりぎりになって、やれ年賀状だ、年末の大掃除だ、おせち料理だと追われっぱなしで余裕なく新年を迎えてしまいました。
 そんなこんなで年末は除夜の鐘をきく寸前にやっとお節料理が出来上がり、晴れて新年が迎えられました。
 年末の体調不良と久々の休みでしたので元旦はぽかぽかちむじるばん岩盤浴に出かけて行きました。しばらくご無沙汰していましたのと風邪で体調不良だったので、何時もなら、2,30分も入るとしっかり温まるのに、元旦はなかなか暖まらず、結局40分入りっぱなしで寝入ってしまっていました。この日はヒマラヤ岩塩の部屋。40分たつとしっかり汗をかいていましたが、クールダウンの霜降房に入るほどではなく、年末の疲れをとりたくてそのまま、オイルマッサージへ。1時間のマッサージでずいぶん疲れはとれましたが、更に暖まりたくて又、岩盤浴へ逆戻り。30分ほどでやっとほかほかに。
風邪をひいていたのと、疲れがたまっていたので随分代謝が落ちていたようで復活するのに手間がかかってしまいました。

翌日は流石2日目、早くに暖まり、風邪も抜けてきましたよ。
やはり年とともに、あまり突っ走らないように程々に、そしてメンテナンスも必要なのでせめて3,4日おきくらいには体を温めに岩盤浴に行きたいなと思いました。つくづく反省。

今年は3が日、日の出を見に早朝散歩に出かけました。初日の出と3日は百間川の土手から、2日は自宅近くでしたが田圃中で日の出を見た後、振り向くと西の空に大きなきれいな7色の虹がかかっていました。めったに見ない虹をお正月に見られましたので感激。すっかり興奮してしまいました。世の中何かと大変そうだけれど、きれいな虹を見たのだから、きっと今年は良いことがあるでしょう。今年一年の目標をしっかり立て、後は日々、目の前に起こることを一つづつやっていこうと思っています。

今年もよろしくお願いいたします。      寺岡 可江
posted by ちむじるばん at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩盤浴で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。