2009年10月15日

顎関節症の原因は?体のゆがみから?

顎関節症ってなぜなるのでしょうか?
色々な角度から言われています。先ず歯科医の立場からのコメントだと、下あごのずれから起こるそうです。下あごがずれると第二頸椎(上から2番目の首の骨)がずれてきてその結果、7つある首の骨が全部ずれ、脊椎がずれ骨盤がずれからだ全体の不調の原因になってくると。反対に整体師の立場から言うと、骨盤がずれると背骨がずれ・・・・・
はたしてどちらが先なのか????
いずれにしてもずれていることには変わりなさそう。どちらからずれても結局は全身に問題が起こってくることだけは確かです。

では下あごのずれは何故起こるのでしょうか?
私たちの日常生活では、机に向かったり、前かがみの状態で仕事をしていることが大変多くなっています。周りの人を見ても胴体の上に垂直に頭が乗っかっている人はほとんどいません。多くの人の頭(顎)は体から前に出ています。この状態ですと本来頭を支えるべき首の筋肉に負担がかかりすぎ重い頭を支えられなくなって、首の代わりに下顎と頭蓋骨の筋肉が重い頭を支えようとしてきます。本来あごの開閉や食べ物を噛むためにある下あごの筋肉は重い頭を支えようと頑張った結果、不自然に緊張して硬くなり、口が開かなくなったり、噛めなくなってしまうのです。これが顎関節症というものではないでしょうか?

それなら、重い頭を本来支えるべき首の筋肉で支えられるようにすれば、顎関節症にはならず、果ては背骨のゆがみや骨盤のゆがみも防げ、
全身の問題まで至らずに済むはずです。

要は、姿勢を正すこと。本来人間が持って生まれた素晴らしい身体の作りを維持できればよいという話。長年の生活習慣の結果ゆがんでしまった体のメンテナンスを一度してみたらいかがでしょうか?
鏡に映った自分の体のゆがみのチェックをしてみませんか?
                   寺岡 可江
posted by ちむじるばん at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130318254
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。