2009年11月07日

発想の転換・インフルエンザ・ウイルスに感謝

インフルエンザ・ウイルスについて書きたいなと思っていましたら、面白い情報が入って来ました。「ウイルスは恐くない」國清拡史(著)これまで正食や、沖ヨガを学び、世界各国で半断食を指導され、現在は静岡の沖ヨガ道場で半断食セミナーを開催している著者がこの度出版。鳥影社刊 1575円

「ウイルスは恐いというのが世間一般の常識となっていますが、本当にそんなに恐いものなのでしょうか?現状では予防接種が足りなくて、需要と供給のバランスは完全に壊れています。予防接種を受けたいのに足りないのが現状。それ程みんな恐がっているのです。この本では、「正しい食べ物で、血液を浄化すれば新型インフルエンザウイルスも恐れることはない。ウイルス自体は蛋白質であり、日常の食生活の中で肉や魚のたんぱく質を分解(消化)するのと同様にウイルスを分解してしまえば、感染、発病することはない。」と言われています。また、マクロビオティック的発想から見るとインフルエンザは体の排毒反応であり浄化作用の一つだとも。
 そうなのです。そういえば昔はなかった新しいウイルスがどんどん生まれてきています。一種のウイルスを殺す薬が出てくると、それに対抗して又新たなウイルスが出てくるといった悪循環をここ数年繰り返しているような気がします。2,30年前には聞いたこともなかったような新しい病原菌がドンドン生まれて来ているようです。ここらで私たちも根本的な発想の転換,意識変革をする必要があるのではないでしょうか?病原菌は私たちが身体を浄化するための有難いもの。これまでの間違った食生活や生活習慣によって汚してしまった体・血液を浄化するための贈り物と。確かに血液がきれいなら、免疫力も高いのでどんな病原菌が侵入して来てもきっと病気にはならないでしょう。発病するということは浄化が必要と言うこと。「正しく病原菌さん有難う」の世界ですね。今回の大変なインフルエンザ大流行を通してこんな意識改革ができるのも大変に有難いことかもしれませんね。皆さん、こんな発想の転換してみませんか?
                   寺岡 可江
posted by ちむじるばん at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132253443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。