2008年05月08日

たんぱく質の摂り過ぎでカルシウム不足に。

蛋白質って体重1kgに対して1gが必要量なのだそうです。と言うことは体重50sの人の必要量は何と50gで良いと言うことです。ところが厚生労働省の栄養調査によるとなんと一日100g以上摂っている人が20%以上とか。確かにランチ一食外食するだけで100gくらいはとっているのではないでしょうか?
国立栄養研究所の調べによると蛋白質を過剰に摂取すると、尿中へのカルシウム排出量が極端に増え、カルシウム不足の原因になると。(肉類は皆酸性食品ですから)
又、燐酸の多く含まれる食べ物を沢山食べると、リンはカルシウムと結合してリン酸カルシウムとなって体外に排出され、これまたカルシウム不足に。自販機で売られている飲料水をはじめ、添加物の多い加工食品には大量のリンが含まれるため老若男女を問わず現代のカルシウム不足に拍車がかかっているといわれています。

体内ではリン:カルシウム=1:2のバランスを保っていますが、食パン 6:1、イカ、サバ、カツオは27:1、精白米は25:1、マグロは56:1、鶏肉70:1となりますので、これらのものを食べる時には極力海草や、野菜、豆類、梅干などのアルカリ食品のものと組み合わせて下さい。カルシウム不足が少しは予防できるでしょうから。

どうやら現代人はどの道カルシウム不足を起こすような食生活になっているようです。更に白砂糖(酸性食品)の害も見逃せません。
骨粗鬆が起こるのも当然でしょう。
さあ早いうちから対策を考えたいものですね。筋肉を鍛えることもお忘れなく。骨粗鬆の予防になりますよ。
                       寺岡可江
posted by ちむじるばん at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然食で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96071536
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。