2008年11月29日

お笑いで免疫力アップ

お腹を抱えるくらい笑って免疫力をアップして病気を癒そうとよく言われますが、自分の日常を考えてみると生れつきまじめな性格ゆえ、あまり日常的に笑うことがありません。今年は綾小路きみまろのDVDで結構笑わせてもらいましたが、テレビをたまに見ても悲しいかな、中々この頃の番組にはついていけないのが現状です。
 そんな中、今日は英語落語を主催した方に誘われ英語落語を聞きに行ってきました。果たして話についていけるのだろうか?笑うタイミングについて行けるのだろうかと?とっても不安でしたが、流石プロだけあって、手振り身振りも十分にタイミングよく日本語も交えながらの、わかりやすい落語で充分楽しませてくれました。始めに落語の所作や決まりを分かり易く解説、これならたとえ言葉がわからなくても何とかついて行けそうっと言った感じ。日本人の落語家の英語落語もさることながら、イギリス人落語家のダイアン 吉日さんや、カナダ人落語家の演多亭 ランスさんの間の取り方や時折入る日本語(大阪弁も)も上手で観客を魅了していました。文化の違う日本で日本人をはじめ外国人を相手に笑いを誘うだけの落語を話すということは思った以上に大変なことだと思いましたが、そのギャップをまったく感じさせない位上手に話されました。岡山大学の落語研究会の皆様の前座では慣れない所為もあったのでしょうか、英語を聞こうとして少々緊張しましたが、プロの皆様の落語は流石で、エンターテインメントに慣れておられるからか、英語落語を聞いているのか日本語落語を聞いているのかを忘れさせるくらい笑わせ上手で、こちらも大変リラックスして楽しむことができました。

久し振りに大笑いをしてきました。きっと免疫力がアップしたことでしょう。
posted by ちむじるばん at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

直感で明るく、楽しく、輝く人生を手に入れよう

直感力を日々の生活に皆さん役立たせておられますか?直感なんて全く使ったことないとかいわれる方も結構いらっしゃることと思いますが、いいえ、実は誰しも気付かないで結構直感使っているのだそうです。今夜のおかず何にしようかしら?ランチのメニューを決める時、本屋さんで本を選ぶ時、お出かけの洋服を決める時、パッとひらめいてさっさと決まってしまうことありませんか?あれこれ頭で考え始めるともう狂って来ます。何も頭で考えないうちにパッとひらめいたのが直感です。そして直感で決めたことが結構正しいのです。あれこれ頭で考えて迷って、迷ってきめて、結果見当違いだった経験ありませんか?私たちは過去の経験を通して頭で考えて決めようとしますが、何しろ左脳は5%しか活性してないといわれています。この5%の脳を使って考えたところで大した考えは出てきませんね。残りの95%は右脳の世界。そして直感もこちらからやってくるそうです。左脳で考えて考えてそれでもわからなくてもう諦めて手を休め、散歩に出かけたり、お風呂に入ったりしているときにふっと、アイデアがひらめいた経験はだれしもあることと思います。エジソンの数々の発明もこのひらめきがほとんどとか、このひらめきでノーベル賞をもらった学者さんはこれまでに限りなくおられるようですが、この度受賞された益川敏英教授も「素粒子のクォークが4種類が何故だめなのか」ということを大学入試の監督中に思いつき、自宅でお風呂を出る時に「6種類だ」とひらめいたそうです。
 
 私も十数年前、船井幸雄先生の直感力研究会で直観力について随分勉強させていただきましたが、まだまだ日々直感だけで動くことがなかなか出来ません。特に重大なことを決める時には直感で決めることが正しいと分ってはいるのですが、出来ません。仲間には直感一筋の人も結構いて、ノー天気で人生を楽しんでいるようですが、私は目下トレイニング中です・・・・早く直感人間になりたいな!!!!!!

posted by ちむじるばん at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

英語落語

皆様、英語落語って聞かれたことありますか?
笑いは免疫力を高めてくれるといわれ、がんの治療にお笑いを取り入れる自然療法の病院があったり、がんを克服された人が、落語を勉強して病気の人に笑いを届けるボランティアをしたりお笑いが治療の世界にも浸透してきました。

今日私の中学時代の同級生が英語落語のお知らせを持ってきて下さいました。一瞬英語で落語?と思いましたが、結構面白そう。でも英語が理解できなかったら?  聞いて笑えなくても見て笑えると・・・
イギリス人の女性落語家「ダイアン 吉日」とカナダ人の男性落語家「演多亭 ランス」
という2人の外国人の落語家も交え、男女4,5人の日本人の落語家も英語で落語をするのだそうです。
英語がわかれば非常に面白い、でも英語がわからなくても手振り身振りだけでも面白いと。
そんな英語落語家が、岡山の三丁目劇場に来るというのです。
なんだかわくわくしてきました。ご興味のおありの方はぜひ11月29日3丁目劇場へお出かけください。14時開演です。
   詳しくはワールドハーモニー・テラへ。
      TEL 086-232-8386 FAX 086−226-0834
posted by ちむじるばん at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

自分の潜在意識の浄化をして目の前に起こっている現象を正常化する「ホ・オポノポノ」

私が初めて「ホ・オポノポノ」という言葉を耳にしたのは今年の春。「ツキを呼ぶ魔法の言葉」{ありがとうございます。感謝します}で一躍有名になられた五日市剛さんにお会いした時のことでした。何でもネイティブハワイアンの伝統的な問題解決法とか・・・その後船井幸雄先生の話の中にも登場したり、本も出版されたりして結構注目を浴びてきています。
このホ・オポノポノを現代社会で活用できるようにアレンジし、国連やユネスコ、世界平和協議会などで、トレーニング活動をして来られたイハレアカラ・ヒューレン博士は触法精神障害者(精神障害があるために不起訴や減刑になった人)をまったく診察することなしに次々と回復させ、それまで満員だった病棟に患者が全くいなくなって閉鎖させたということで有名なお医者様です。

精神科医のヒューレン博士が25年間大学や病院で勉強してきた知識や技術は病院の囚人には全く意味がなかったそうです。でも、目の前に起こっている現実をすべて自分の責任として受け入れ自分の記憶(潜在意識)を言葉によってクリーニングしただけで患者はどんどん良くなっていったのだとといわれます。

この記憶を浄化するために五日市さんは「ありがとうございます。感謝します。」を、ヒューレン博士は「ホ・オポノポノ」(I'sorry. I
love you. Thank you. Forgive me.)と。

「自分に起こるすべての現象は自分の成長のために自分が引き起こしているのであって、たとえどんなに3次元的に考えて相手が悪いと思ってもそれは相手ではなく自分の問題」といつも足立幸子さんも言ってました。
ヒューレン博士も
「私の中の古い記憶が目の前の現実を生み出すのです。その記憶をクリーニングするには誰かが私にその記憶を見せてくれないと気付かない。だから問題を持ち込んでくれた人に感謝ですと。」言われています。

「医師は先ず自分を治せ」という有名な言葉がギリシャのことわざにあるそうですが、これはお医者様だけの問題ではありませんね。私たちが出会うたとえどんなに嫌な人でも「まだあなたにはクリーニングする必要があるよ」とメッセージを伝えてくれていると思うと、何事も人の所為にはできないし、一刻も早く相手が見せてくれた心のシミに気づき、クリーニングせねばと改めて反省いたしました。

昔から言われているように、相手の姿は自分の合わせ鏡。しかも拡大鏡なのです。相手の中にみえる現象は自分のもの、自分になければ決して見えませんね。

posted by ちむじるばん at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

女性が長生きできるわけ

笑うとNK細胞が活性する。笑いはがん細胞を消滅させるとか生きがい療法でも笑うことが取り上げられ久しくなります。好きなことをすることも生きがいになりますね。どうやら世の中女性のほうが笑うことや、おしゃべりすること、歌うことも得意なようです。先日阿川佐和子さんのお話を聞くことがあったのですが、どこかのお医者様のデーターとか言われていましたが「妻に先立たれた夫のうち7割は三年以内に後を追う。けれども夫がなくなると残された妻は元気になり、夫が亡くなってから20年は生きるとか。」
女性は、自分の楽しみを棚上げして夫に尽くしてきたので、1人になっても自分の人生を楽しむことが出来るのですが、男性は1人で生きていくエネルギーが無くなってしまうようです。

今朝もお年寄りをデーケアーに預けておられるお客様が言われていましたが、10人おられると8人までは女性だそうです。これからの長寿社会は男性も生きる喜びを見つけて、たとえ1人残されても長生きして欲しいものです
posted by ちむじるばん at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

人体の不思議

人体の不思議展とかって言う展示会をご覧になった方は多いと思うのですが、本当に人体って不思議なことばかりですね。大変な精密機械であって、これを現代の技術で作ろうとしたら何十億円とかかるとかで、結局作れないらしい。免疫システムも、神経も血液も消化吸収するシステムも本当に不思議が一杯。やはり神業としか思えない。
何かの症状が身体に現れたときにそれを部分では捕らえず全体の問題として捉えるのが東洋医学。先日は階段から落ちて腰を痛めたお客様でしたが、炎症を起こしていて、腰は未だ触れません。でも大丈夫膝から下で調整できるのです。首も然り。足首で調整が可能です。

掌、足の裏に内臓のツボがあることは皆様ご存知と思いますが、背骨の両側にも各臓器に行くツボがありますし、歯茎にもすべての内臓のツボがあります。例えば前歯の4本は腎臓、膀胱、奥歯から順番に上は心臓小腸、胃すい臓、肺大腸、肝臓胆嚢で、下は奥から心臓小腸、肺大腸、胃すい臓、肝臓胆嚢となっていますし、顔や舌、爪にも、耳たぶにも臓器の状態が現れます。
昔は今ほど医学の精密機械が開発されてなかったのでお医者様は患者さんの顔を診たり(望診)、手で触ったり(触診)しながら診断をされていましたね。

先日も友人が検診に行った時の話しをしてくださいましたが、先生はずーっとパソコン上の写真とデーターを見ながら話をされるので、彼女は「顔を見てください。私が患者です。」と思わず言ったそうです。本当かどうか知りませんが何となく分かる気がしますね。

そして十数年前に体験させてもらったことがあるのですが、確かアメリカの機械だったと思いますが、瞳の写真をとって、そこから過去現在、未来まで読み取るようなことを体験しました。何年後にどこそこが調子が悪くなるとか?????
ということは私たちの肉体は過去、現在、未来のすべての情報を持っているということですね。ああ、やっぱり神業としか私には思えません。

だからこそどんなにあくせくしても、なるようにしかならないし、寿命がくれば死んでいくし、この世に未だ仕事が残っていれば生かされるし、余りくよくよ悩まずこの瞬間瞬間をくいのないように生きて行きたいと、思いました。

精神科医の越智啓子先生の言葉を思い出しました。「すべては上手く行っている」。
                           寺岡可江
posted by ちむじるばん at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

気を感じ、気を食す。身土不二も気が満ちている!

昔の人は今ほど食事を食べていなかった。何でも古い文献によると奈良時代の公家様で750`カロリー、一般庶民はそれ以下で労働もしていたらしい。兎に角現代人は食べ過ぎだと。食べすぎが現代病の大きな原因とも言われている。「食べる」とは、いったい何を食べるのだろうか?ヨガの行者が、山にこもって行をするときよくかすみを食べるというけれど、きっと中国で言う「気」インドの「プラーナ」を体内に取り込んでいるのでしょう。私たちが腹式呼吸をしたりヨガのウジャイ呼吸をするときもプラーナを取り込んでいるのでしょう。酸素をたくさんに取り込めるので代謝があがり、脂肪が燃焼されてエネルギーが生産されるので食べなくてもよくなるのはきっとこんなことなのでしょう。懐石料理も石を懐に抱いて、石のエネルギーを取り込む食事だと以前に聞いたことがあります。以前にミャンマーの大僧正ガユーナ・セアロがミャンマーの聖地で瞑想をしている時には一ヶ月断食をしていても平気だけれど東京に帰ってくると断食が出来ないと言われていました。それだけ気のエネルギーが希薄らしい。食べ物を気のエネルギーの多少で見るととっても面白い。
気のエネルギーとは生命エネルギーのこと。レントゲンには移らないけれど東洋医学では明らかにされていて、経絡に沿って流れているといわれているし、インドでは7つのチャクラが気のエネルギーの出入り口と続きを読む
posted by ちむじるばん at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。