2014年09月07日

試合の前に岩盤浴!ヒートショックプロテイン(HSP)でスポーツ能力の向上を

HSPは本来生まれながらに私たちの体に備わっているタンパク質で痛んだ細胞を保護し修復の効率を高め、疾患や、傷の回復、治癒のスピードを速めるタンパク質だそうです。ところが老化に伴って減ってくると言われています。だから、年を取ると、ストレスに弱くなったり、熱中症にかかり易かったり、免疫が低下することによって細菌感染によって病気にもなりやすいとか。でも大丈夫、HSPは日常生活の中で簡単に自分で増やすことができる有難いタンパク質です。
ところが、HSPは単に健康保持にだけ効果があるのではなく、スポーツ能力の向上にも効果があることがHSPの研究の第一人者伊藤要子教授によって発表されました。
  HSPを増加させると筋肉疲労が軽減されパフォーマンスを向上させることができるということが実験結果から明らかになったそうです。伊藤先生の実験によると
クロスカントリー選手10人を加温群と、非加温群に分けてトレッドミルによるランニングテストを行ったところ、加温群は走行時間が全員増加し、5人中2人が加温前よりランクアップしたとか。
  又大学レスリング部の選手を加温群と非加温群に分けてトレーニングをした実験でも加温群の運動能力のほうが増強されたそうです。
スポーツ選手の皆さんプロ、アマ問わずこんな結果が出てますので、どうぞ岩盤浴で温まってHSPをしっかり作って試合に臨んでください。試合の2日前がベストのタイミングですよ。信じられなくても騙されたと思ってトライしてみましょう。結果がついて来ればラッキーですよ〜〜〜〜
posted by ちむじるばん at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

体温を上げて免疫力アップ

巷では大騒ぎのインフルエンザですが、皆様の周りはいかがでしょうか?小さい子供さんがおられる御家庭では結構大変なのではありませんか?受験シーズンを控え日常生活にも支障が起こりそうな勢いですね。気温の変化が激しい昨今なので、まずは兎に角免疫を上げることを考え、規則正しい生活、特に睡眠時間は十分に。体温が一度下がると免疫力は30%もダウンすると言われておりますので、平熱を36.5°まで上げる努力を早急にして下さいね。では平熱を上げるには一体どうしたらよいのでしょうか?私も色々なことを此れまでしてみました。陰性の(身体を冷やす)食べ物を一切やめて、陽性の(身体を温める)食べ物を集中的にとること。岩盤浴に週一回3カ月続けること。足湯、腰湯、生姜湿布、枇杷の葉温灸、ヒマシ油湿布。天然の素材の肌着を身につけることetc.どれもそれなりに効果はあるのだけれど、やはり一番必要なのは自分で動いて筋肉をつけることのようです。筋肉を動かせば(筋肉質の人なら)安静時の4倍くらいの産熱量があるのだそうです。体温を上げて病気を予防するためには筋肉運動がいかに大切かということになります。その筋肉の70%以上は下半身にありますので日頃から歩いたりスクワットをしたりして下半身を鍛えることに尽きるようです。足の裏は第二の心臓とも言われ下肢の運動で筋肉を鍛えますと血液の心臓への環流が良くなり、その結果全身の血流は良くなり組織の代謝が促進されて体温が上昇するのです。さ〜皆さん人体は兎に角動いて生きていくように創られています。精一杯動いて、体温一度アップに挑戦してみましょう。でも、ここで忘れてならない血行不良になるもうひとつの大きな原因。
もしあなたの心が不平不満、イライラ、悩み、心配などでいっぱいなら、やはり血流は滞り血液は酸素不足で緊張してしまい体温を上げることは難しくなってしまいます。心はいつも前向きに明るく楽しく、自然の移り変わりを日々感じながら、一時間くらい何も持たないで歩いてみましょう。私は 天下の三大名園後楽園の外周をぐるっと回ってちょうど40分で6000歩位を気が向いたら一人で歩きます。春夏秋冬季節の移り変わりが美しいです。皆様のお家の周りにもきっと美しい自然がいっぱいのところがあるはずです。どうぞ楽しく歩いてみて下さい。但し身体が歪んで痛みが既におありの方は先ずは姿勢矯正をして左右のバランスを整え、痛みをとってから歩きましょう。出ないとかえって痛みがひどくなりますから。(姿勢矯正のご相談は、プチ・メリット 086―232-8386)
                    寺岡 可江
 

posted by ちむじるばん at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

バランス取れない、弱くなった子供たちの足?!

ちょっと面白い記事を見つけました。スポーツをしている子供たちが靴を脱いで裸足になると急に足もとが不安定になり、ふらついたりじっと立っていられなくなるというのです。どうやら身体は立派なのに、足の力が弱いらしいのです。そして何故足が弱くなったのかと言うと、環境の変化や、社会不安の影響で今の子供たちは昔のように裸足で遊んだりすることがなくなったことや、幼児期からベビーシューズを履かされ足を鍛える機会がより少なくなっているからと言うのです。
裸足だと指の自由度が高く片足でも地面をしっかりとらえられるので、歩行時両足地面についている時間が短いのだそうです。その分片足に体重をかけるので足が鍛えられるという訳。また着地時の左右の足の幅も素足時が一番狭く、続いてウォーキングシューズ、パンプスとなるようです。安定性が高いので足幅が狭くても立っていられる訳。
裸足だと踏んばる力と、蹴りだす力が強いので、土踏まずもしっかりアーチが出来、外反母趾などにもなりにくいそうで、どうやら私たちもあまり過保護にならないよう、裸足で足力を少しは強化したほうが良いのかも知れませんね。             寺岡 可江 
posted by ちむじるばん at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

筋肉をつけて冷え性から脱皮

筋トレを毎日やっている70歳を過ぎた女性の下半身の筋肉を見たことがあるのですがとても50歳にも見えないくらい、いやいや女性の足とは思えないくらい、筋肉がもっこり付いていてビックリしました。毛細血管って筋肉を鍛えるとどんどん増えてきて血流がよくなって来るとか聞いたことがあるのですがあれだけ筋肉があると屹度冷えなんて感じないのだろうなと感心しました。女性は特に筋肉がないので余計冷え性も多いとか、納得。ヒポクラテックサナトリウムの石原先生も体温を上げるために兎に角下半身の運動をしなさいと何時も言われます。老化は足からとも。
先日あることがきっかけでスポーツジムに行くことになりました。2時間ほどいる間に色々と見せてもらったり、体験もさせていただいたのですが、ジムの中はまるで異次元。こんなにも多くの老若男女がと思うくらい大勢の人が黙々とトレーニングをしておられました。脂肪を燃焼させるための有酸素運動、ウォーキングマシーンの上を黙々と汗をかきながら歩いている人、自転車のペタルをこれまた黙々と踏んでいる人。私は一番新しい機械で背もたれがある自転車にのってテレビを見ながら脈拍も確認しながら、そして消費カロリーも見ながらのペダルふみで快適で、気持ちよい汗をかきました。途中でエアロのクラスにも参加し久しぶりに身体を動かし中々快適気分でした。
エアロのクラスにも結構中年の男性もおられ皆さんそれぞれにステップ踏んで楽しそうでした。
若い人達は体力づくりに、そしてリタイヤー組みはメタボ対策が目的かなとか思いながら楽しいひと時を過ごしました。

30歳を過ぎると筋肉を鍛えることを何もしないと一年ごとに1%ずつ筋肉が減ってくるとか、もし本当なら60歳になると30歳の時の筋肉の7割に筋肉は減っていることに・・・正しく老化ですね。私も筋肉殆どありません。しばしば娘に「ぷにゅぷにゅ」とか言われて二の腕を触られます。重い荷物がもてないほど筋肉がないのです。ジムで二の腕を鍛えるマシーンを使ったことがありますが一番軽いウェイトのものでも微動だにしませんでした。今年は何とか少しでも二の腕に筋肉をつけたいと思って、目下挑戦中です。果たして・・・・・

筋肉が付けば、体温を上げることが出来ます。そして冷え性の改善や免疫力アップも期待できます。下半身はスクワットで鍛えましょう。女優の森光子さんがあんなにお元気なのは毎日のスクワットのお蔭だそうですよ。
                   寺岡可江
posted by ちむじるばん at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。