2008年12月04日

食べ物は命、感謝の気持ちでいただきましょう。

食育と言えば、即頭に浮かぶのは心を込めて手作りした食事を家族そろっていただくというイメージが浮かびますが、もうひとつ忘れてならないのは食べる行為は命をいただく行為だと言うこと。戦後食生活が豊かになるにつれ便利さを追求し、命を細切れにしどんどん食べ物を商品化してきました。牛、豚、鶏、魚、野菜など私たちの食卓に並ぶものはすべて命です。他の命を犠牲にして私たちの体は日々存えています。動植物の命をいただいて私たちは生きているという感謝の念がややもすれば欠けてしまいそうなくらい当たり前に食事をしています。幼稚園では食事の前に必ず手を合わせて「いただきます」と感謝の祈りを捧げていましたが・・・・
食品を扱うメーカーさんや、流通業者さんが「自分達は尊い命を扱っているのだ」と誇りを持っていたなら、食用に適さない汚染米を食用に流通させたり、腐りかけた肉を添加物で再生したりすることはきっとできなかったのではないでしょうか?

真の食育とは心をこめて作ったものをみんなで感謝していただくことだけにとどまらず、食べ物は他の命の犠牲の上に成り立っており自分の命につながっているのだということを十分認識し、伝えることにより動植物への感謝の念も育まれ、人の命も大切にすることにつながっていくように思われます。ただ単に安心安全なものを子供に食べさせて自己満足しているだけでは片手落ちになるでしょう。
改めて食育について考えさせられました。
                        寺岡 可江
posted by ちむじるばん at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

料理に手をかけなくなった主婦

農林水産省が20年3月に行った「食糧消費に関する消費者の意識調査」によりますと普段調理に手間をかけない人が、手間をかける人の2倍以上に上り、調理をしないと答えた人が2割以上もいるというのです。そしてなんと手間をかけない人の理由は「「手間をかけなくてもおいしい料理が作れるから」が47.2%。
数年前にアメリカにすむ日本人の友人のお宅にお邪魔したことがあるのですが、その彼女と同居しているアメリカ人の女性がまな板も包丁も持っていなかったことに唖然としましたが、愈々日本もこんな時代が来たのでしょうか?スーパーの野菜売場でカット野菜を買い、冷凍食品やレトルト食品を電子レンジでチーンとすれば、たちまちそこいら辺のレストランの味に・・・。手間暇かけて手作りのお味を作るよりも、一流シェフが作ったレストランの味のほうが美味しく感じられる。健康的な昔ながらの調味料を使うのではなくいくつかの添加物を使っていかにもそれらしく作られたお味のほうが食べ慣れてて美味しいとこの頃の子供は言うそうです。

昔聴いたことがあるのですが近頃和食の板前さんの修行に来た若い人たちが加工済みの調味料の味に慣れていて、素材の味がわからないというのです。素材本来の味を生かす和食の調理人が素材の味がわからなくては最早真の割烹料理は作れそうにありませんね。なんだか悲しくなってしまいます。

昔は調理済みのレトルト食品や加工食品を食卓に出すことに抵抗を感じておりましたが、今や当たり前。全く抵抗のない人が半数もいるとの結果です。
一方食の安全に関心のある人が66.4%はいるというのに調理済みの加工食品に頼る傾向に何とも矛盾を感じてしまいます。

電子レンジでチーンとして即食卓へ、忙しいお母さんにとっては簡単で良いかも知れませんが、お料理に全くお母さんの愛情が感じられませんね。何か一品でも二品でもよいので、手間暇かけて作るお母さんの味を食卓に追加してほしいものです。これが正しく食育というものではないのでしょうか。忙しいお母さん、どうぞよろしくお願いいたします。

酵素玄米って玄米と小豆とお塩をお水に入れてから100回まぜるのですが10数年前私がその炊き方を教わった時、友人に「家族の健康を祈り感謝の言葉を言いながら100回まぜるのよ」と言われました。今でも100回感謝の祈りを唱えながら混ぜております。
                       寺岡 可江
posted by ちむじるばん at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

簡単手作りひしお味噌

万葉集にも詠まれているひしお(醤)とは味噌の一種で現在の醤油または味噌の原点とも言われている伝統食品なのだそうですが、非常に酵素が豊富でご飯にぴったりの最高の栄養食です。
そのひしおを使って簡単に作れる醤味噌は、我が家の食卓に欠かせない一品です。ひしおの花550gに玄米甘酒500gと醤油500mlを広口瓶に入れてかき混ぜて太陽の当たるところにおいて4〜7日位時々混ぜながら、置いておくだけ。なんと簡単でおいしいお味噌の出来上がりです。
 夏にはもろきゅうに、そして冷奴には醤油の代わりに使ったり、納豆の味付けや、いためもののソースの代わりとか、あたたかいご飯のおともにと、なんにでも重宝します。そして酵素いっぱいでうれしい健康食品に変身です。
病気の治療中で動物性蛋白や白砂糖を控えておられる方にも安心して召し上がっていただけます。また、低体温、貧血、冷え性で体を温めたい方や免疫力が衰えている方なども積極的におあがり下さい。
 時間がない時には水で薄めて野菜を入れて即席みそ汁にも変身します。健康が気になるお年寄りから栄養が必要なお子様まで、皆様結構おいしく食べてくださいます。忙しいけど健康志向の主婦の方、ぜひ一度作ってみてくださいね。簡単だから我が家では年中作り置きしています。

ひしおの花、玄米甘酒などのお問い合わせは下記へお願いいたします。
     岡山市内山下1−10−16 自然食品店 プチ・メリット
         TEL 086−232-8386  FAX 086−226-0834
posted by ちむじるばん at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

モチモチ、シャリシャリの古代レンコン

おいしい食感の秋の味覚古代レンコンが入荷し始めました。



今日栽培されているれんこんの大部分は、食用部が大きい中国由来の品種。繊維が荒くでん粉が多いため、肉質が硬いのが特徴。一方、古代れんこんは、食用になる部分はわずかですが、食べるとモチモチ、シャリシャリとした歯ざわりがあり、一度食べたらもう忘れられないくらいの味。千葉で古代レンコンを作っておられる有坂さん。この味を現在のれんこんで再現できないかと考え、さまざまな試行錯誤の末、ついに納得のいくものを作り出しました。その努力が認められ、平成12年に第29回の日本農業賞と農林大臣賞を受賞したそうです。

もともとこの土地で採れるれんこんは、土壌に含まれる硫化鉄のはたらきで、皮が真っ黒。そのため、昔は漂白剤などの薬剤を使用して、白く商品価値があるものにしていたのです。しかし有坂さんは、筑波大学の応援を得て「光合成細菌」という微生物の力を借りればれんこんの皮が黒くならないことを突き止め、更にいろいろな難問を解決していった結果、モチモチとしながらも、シャリシャリとした繊維の細い心地よい食感で、生で食べても甘みを感じるという他に類を見ない、不思議なれんこんが生産できるようになったそうです。

おいしいレンコンを作ろうという思いで何年もかかってレンコン一筋に研究を続けられた有坂さんに頭が下がります。おかげで私たちはこんなにおいしいレンコンを、いただくことができます。
有坂さんの愛情がたっぷり注がれた古代レンコンだからこそ、シンプルに焼いたり、蒸したりして素材の味を十分味わっていただきたいものです。

自然食品店プチ・メリット岡山市内山下1−10−16
             086−232-8386に入荷しています。
posted by ちむじるばん at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

自分で作るお豆のピクルス


サラダやサンドイッチに重宝するお豆のピクルスを手作りでいかがでしょうか?
自然食品店プチメリット・チーフバイヤーの大島家秘伝です。

レシピ
材料
◎白大豆  ◎緑大豆  ◎黒大豆  ◎赤大豆  ◎ひよこ豆
 色々な色がある方が美しい!
 黒系と白系は別にゆでる(蒸す)。色移りするので。
 (小豆・緑豆・つぶれやすいレンズ豆は不向き)

1.お好みの豆を一晩つけておく。
2.やわらかくゆでる。(大島家は圧力蒸し5分)
3.豆がひたる量の酢+ハチミツやお砂糖(お好みで)+塩小さじ1杯を鍋でひとにたち。
4.2と3が冷めたら混ぜる。
5.月桂樹と黒こしょうひとつまみ+お好きなハーブ(あれば・・・)
 1日おけばなじんでくる。

不意の来客にも重宝します。
ぜひ一度お試しください。
お豆は色々プチ・メリットに取り揃えていますよ。
                   寺岡 可江

posted by ちむじるばん at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

いよいよ梅の天日干し

先月漬けた梅の水も上がり土用にもなりましたので愈々これから天日干しにかかります。暑い毎日雨の心配もなさそうなので3日3晩と言わず一週間くらいは天日に干したいものです。大きなざるに紫蘇と梅を干しましょう。梅酢も天日に出すと良いそうですよ。太陽のエネルギーをしっかり吸収しておいしくてエネルギッシュな完全陽性食品の出来上がりです。今から楽しみ。
                      寺岡 可江
posted by ちむじるばん at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

手作り「もろみ味噌」のレシピ

我が家の小さな家庭菜園にもきゅうり、トマト、ナス、ピーマンがなり始めました。朝採りの夏野菜は毎年玄米麹漬けにしていましたが今年は今のところ糠漬けにしております。きゅうりは苗を毎年5本くらい植えます。これからは食べきれないほど収穫できますので、そろそろもろみ味噌で食べたいなと思って昨日もろみ味噌を仕込みました。
というと大変そうに聞こえますが何の事ありません。あまり家事をしてない私にでも出来るのですから。

もろみ麹と玄米甘酒とお醤油を広口ビンに入れて、日の当たるお庭に出しっぱなし。夏なら1〜2週間で出来上がります。時々ゆすって混ぜるだけです。
温かいご飯のお伴に、夏野菜と共に、冷奴に、焼き魚に、茄子田楽に栄養満点、手作りなので添加物の心配もありません。太陽のエネルギーをいっぱい受け、微生物がどんどん増えて、私たちの健康にとって大切な発酵食品に変身です。是非一度お試しあれ。

玄米甘酒500g、もろみ麹550g、醤油900mlで1.8kgくらいのお味噌が出きます。
 原材料は自然食品店プチ・メリットでお求めになれます。
                     寺岡可江
posted by ちむじるばん at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

焙煎したてのすっきり、あっさりコーヒー

昨日東京からのお客様と初めてのレストランで昼食をし、食後のコーヒーを頂きました。何時もコーヒーには砂糖もミルクも入れずブラックでいただくのですが、大変苦くてビックリ。このまま飲むと胃が痛くなりそうで、思わずそしてさりげなく、そっと手をかざして、マジックしてしまいました。そしてマイルドに変身したコーヒーをいただきました。
こんなこと滅多にしないのだけれど、誰でも出来るし便利ですよ。いざとなったらやってみてください。
 
そして今日は自然食品店のプチ・メリットで焙煎したての美味しいコーヒーをいただきました。私はこのコーヒーが大好きで、これなら胸焼けもなくストレートで美味しくさわやかにいただけます。苦いコーヒーが好きな人には少々物足りないくらいさっぱり、あっさり。熱風噴流方式で焙煎をするのでコーヒー豆の脂肪分も取り去る結果、酸化しにくいし、豆の皮に含まれるタンニンも沢山削ぎ落とされ、鉄分吸収の邪魔をするコーヒーではなくなってますので、安心していただけます。豆も芯までしっかり焙煎され、余分なタンニンを取り除き、酸化も防いでいますので何倍飲んでも胸やけなし。コーヒー大好きな人にも、又コーヒー苦手な人にもお勧めのコーヒーです。

この焙煎技術は何とカフェ・セボール・ジャパンの焙煎技術だそうで、「カフェ・セボール」とは、1853年ナポレオン3世の時代に誕生したパリで最も伝統のある焙煎屋さんで140年以上もたった今でもパリの人々を魅了し続けているそうです。昔も今も美味しいものはやっぱり美味しいのですね。焙煎したて、挽きたての美味しいコーヒーは浅炒り(苦味少なく酸味多い)、中炒り、深炒り(苦味多く、酸味少ない)の3種。
挽き具合も、細挽き、中細挽き、中挽き、粗挽きとあります。
豆(焙煎前)の100gが600円(税込み)。
豆はいずれも無農薬栽培でエクアドル、メキシコ、ブラジルとあります。
詳しくは、プチ・メリットへ。
     岡山市内山下1-10-16
TEL 086-232-8386  FAX  086-226-0834
                      寺岡可江   
posted by ちむじるばん at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。